「七五三ですね!!今日は久しぶりのRushの日♪」MATERIAL通信Vol.422


いろんな商品がありますよ。気軽にお問い合わせくださいね。
マスクをはじめ、ブックカバーなどなど色々ございます。
詳しくはLM’sの公式ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

メール:office@team-material.xyz
電話:06-6777-9193

単品注文でも大丈夫です!!
お気軽にお問い合わせください♪

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3-1024x162.jpg

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4-1024x162.jpg

男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に、成長を祝って神社・寺院などに参詣する日
親が自らの子に長寿の願いを込めた「千歳飴(ちとせあめ)」を与えて食べて祝う

由来は、1681年(天和元年)旧暦11月15日に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる説が有力

3歳は「髪置きの儀」で、江戸時代、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。5歳は初めて袴をつける「袴儀」。7歳は本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解きの儀」。それぞれ祝う意味があります。

「かまぼこ」が初めて文献に登場したのが1115年(永久3年)の祝宴の膳の図に描かれていました。

昔は11月15日の「七五三」のお祝い料理に、子供の成長を祝って「紅白のかまぼこ」を用意する習慣があったことにも由来します。

「かまぼこ」(蒲鉾)は、練り製品の一つである。原料魚にはタラ類・サメ類・イトヨリ・ベラ類他の白身魚が使用される。魚の美味しさと良質なタンパク質をそのまま凝縮し、食べやすく生まれ変わったものが「かまぼこ」製品です。

「いい(11)イ(1)ベリコ(5)豚」と読む語呂合わせ

牛肉にランク分けがあるようにイベリコ豚にもランク分けが行われています。餌の質や育てている環境の違い、何世代にもわたり受け継がれている伝統的な育て方があることなど、知られていないイベリコ豚のランク分けについて多くの人に知ってもらうことが目的

「イベリコ豚」を指すスペイン語「Cerdo Ibérico」は「イベリア豚」という意味。「どんぐりを食べて育った豚」と紹介されることもあるが、イベリコ豚とは血統のことである。

どんぐりを食べて育った最高級のイベリコ豚は「ベジョータ(Bellota)」と呼ばれ、どんぐり以外の普通の飼料を食べて育ったイベリコ豚は「セボ(Cebo)」と呼ばれます。「ベジョータ」はスペイン語で「どんぐり」を、「セボ」は「飼料」を意味します。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-08-24-11.45.53-1024x582.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-09-10-9.35.59-1024x552.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です