「エスカレーターは便利ですね♪挟まれないように注意しましょうね!!」MATERIAL通信Vol.478

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4-1-1024x162.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5-1024x162.jpg

電話にてお問い合わせ下さい!!
06-6777-9193

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC-1024x162.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4-1024x162.jpg

1914年(大正3年)3月8日、東京・上野の大正博覧会の会場に日本初のエスカレーターが設置され、運転試験が行われた日。第1会場と第2会場をつなぐもので、秒速1尺(約30センチ)で動いていました。
日本で最も長いエスカレーターは、香川県丸亀市にあるニューレオマワールドの「マジックストロー」高低差42m・全長96mで日本一となっており、乗車時間は3分14秒
最も短いエスカレーターは、川崎駅前の地下街アゼリアと川崎岡田屋モアーズ地下2階を結ぶ下りエスカレーターで、高低差83.4cm、段数はわずか5段、乗車時間はたった5秒である。ギネスブックに掲載されています。「プチカレーター」の愛称が付いています。

和歌山県では3月にハウスのさやえんどうが最盛期となることと、「さ(3)や(8)」と読む語呂合わせ。収穫の恵を喜び、消費者に和歌山県のおいしいさやえんどうをPRすることが目的。

原産地は中央アジア~中近東、地中海沿岸地域とされ紀元前より存在し、ツタンカーメンの墓から出土するなど、古代ローマやギリシャでも盛んに栽培されていた。ツタンカーメンの墓から莢が赤紫色のエンドウが発見され、その種が3000年の時を経て発芽したとされ、同品種が「ツタンカーメンのエンドウ豆」などの名前で家庭菜園用として現在売られている。後にインドから中国へ伝わり、日本へ入ったのは8~10世紀ごろと考えられています。日本でエンドウが食されるのは江戸時代になってからである。

「スリ(three=3)ッパ(8)」と読む語呂合わせから。スリッパの履き心地のよさ、その利便性を多くの人に知ってもらうことが目的。また、自分のためだけでなく、友人・家族・恋人同士がスリッパを贈り合い楽しめる日にとの願いが込められている。日本における歴史としては、開国により西洋人が多く日本に訪れるようになった明治初頭、室内で靴を脱ぐ習慣の無い西洋人が土足で屋内へ入り込む問題が発生し、それを解決するために仕立て職人が発案した上履きが、現在のスリッパの原型であると言われています。当時は、靴の上から履くためのものだったそうです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-08-24-11.45.53-1024x582.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-09-10-9.35.59-1024x552.png



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。